バーチャルオフィスを活用しよう

■バーチャルオフィスを活用しよう
会社を設立したばかりの人に大人気のバーチャルオフィス。
バーチャルオフィスというのは、安い賃金で都心の一等地などに本店所在地を持つことができる架空のオフィスのことを言います。
例えば、少人数での会社設立の場合であれば、オフィスを借りるのではなく、自宅などをオフィス代わりに利用するという人も少なくないでしょう。
それらの人にバーチャルオフィスの需要が高まってきています。

 

一口にバーチャルオフィスといっても、様々なタイプがあるため、それぞれの特徴を把握した上でどのタイプのオフィスを利用するのか検討してみましょう。

 

●バーチャルオフィスタイプ
バーチャルオフィスタイプは、仕事をするためのスペースや専用の個室などは用意されておらず、本店所在地の住所を借りるタイプのオフィスになります。
場所によっては、会議室を借りることが出来たり、郵便物の受け取りや転送、電話の転送なども行ってくれるサービスを用意しているところもあります。
東京の1等地などに本店所在地を置きたい場合などに非常に便利です。

 

●共有スペースタイプ
共有スペースタイプは、本店所在地の住所を利用することができるだけでなく、机や椅子、通信環境といった仕事に必要なものを共同使用として利用することが出来ます。
バーチャルオフィスタイプと同様に、会議室のレンタルや、郵便物の受け取り、転送など土木ションが用意されています。

 

●レンタルオフィスタイプ
本店所在地の住所の貸し出しに加えて、専用の個室を用意してあるタイプになります。
個室といっても、とても小さなスペースのものから、数人が作業することができるような小さめのワークスペースを提供されることもあります。

更新履歴