バーチャルオフィスを活用しよう

■バーチャルオフィスを活用しよう
会社を設立したばかりの人に大人気のバーチャルオフィス。
バーチャルオフィスというのは、安い賃金で都心の一等地などに本店所在地を持つことができる架空のオフィスのことを言います。
例えば、少人数での会社設立の場合であれば、オフィスを借りるのではなく、自宅などをオフィス代わりに利用するという人も少なくないでしょう。
それらの人にバーチャルオフィスの需要が高まってきています。

 

一口にバーチャルオフィスといっても、様々なタイプがあるため、それぞれの特徴を把握した上でどのタイプのオフィスを利用するのか検討してみましょう。

 

●バーチャルオフィスタイプ
バーチャルオフィスタイプは、仕事をするためのスペースや専用の個室などは用意されておらず、本店所在地の住所を借りるタイプのオフィスになります。
場所によっては、会議室を借りることが出来たり、郵便物の受け取りや転送、電話の転送なども行ってくれるサービスを用意しているところもあります。
東京の1等地などに本店所在地を置きたい場合などに非常に便利です。

 

●共有スペースタイプ
共有スペースタイプは、本店所在地の住所を利用することができるだけでなく、机や椅子、通信環境といった仕事に必要なものを共同使用として利用することが出来ます。
バーチャルオフィスタイプと同様に、会議室のレンタルや、郵便物の受け取り、転送など土木ションが用意されています。

 

●レンタルオフィスタイプ
本店所在地の住所の貸し出しに加えて、専用の個室を用意してあるタイプになります。
個室といっても、とても小さなスペースのものから、数人が作業することができるような小さめのワークスペースを提供されることもあります。

DHA&EPAサフリはとのように選ふへき?

厚生労働省の薦めるDHAやEPAの一日の理想摂取量は1000mgと言われています。

 

とはいえ毎日1000mgを食事だけ摂取するのはとても大変ですよね。

 

ですので足りない分をサプリメントで補っているという方が非常に多いのですが、これから始めようとされてる方は、まず効率良いサプリメントの摂取法を知ることが重要になります。そこでここでは賢いDHA&EPAの選び方についてご説明していこうと思います。

 

*まずDPA&EPAの配合を調べる癖をつけましょう
ご存知の通り、多くのメーカーがDHA&EPAのサプリメントを販売しています。でもそのメーカーによって配合量&成分バランスは千差万別、ですのでその効果自体もそれぞれです。
そこでまずは理想摂取量を頭に置きつつ、サプリメントの配合バランスに気をつける癖をつけるようにしましょう。
配合量が望む値をクリアしていなかった場合、いくつかのサプリメントを併用するのも良いと思います。

 

*DHA&EPAには弱点もあるということを理解しましょう
ただDHA&EPAには弱点もあります。この2つは不飽和脂肪酸なので酸化しやすく、酸化することで成分の質が低下してしまうのです。

 

ですので何の対策もせずに、大量にDHA&EPAを摂取するだけでは効果は期待出来ません。
弱点を補う成分の併用が不可欠になるのです。

 

そこで酸化を防ぐ抗酸化作用に優れたピタミンEやセサミンの定期的摂取が重要になります。

 

ご存知の通りビタミンEやセサミンはそれ単体として優れた働きをしますが、DHA&EPAの質を保持する
という隠れた特質を見逃してはいけません。

 

ということでDHA&EPAのみのサプリメントよりも抗酸化成分が適量配合されたサプリメントを選ぶことをおススメします。
DHAは、認知症 サプリとしてもおすめです。

 

 

 

 

 

更新履歴